FC2ブログ

「先住民にとってはごちそうです」~ベア・グリルス名言集~

ディスカバリーチャンネルで放送中の『Man vs. Wild』(邦題『サバイバルゲーム』)のホスト、ベアグリルス(Bear Grylls)の名言を集めてみました。用語集や感想なども。
 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

40000ヒット記念-Man vs. Wild Tシャツを買ってみた-

I LOVE MAN VS. WILD

明けましておめでとうございます。
本年もベア・グリルスと幣サイトを宜しくお願い申し上げます。

更新が滞りまくりにもかかわらず迎えた40000ヒット(感謝!)を記念して、本家ディスカバリーチャンネル公式サイトで見つけたMan vs. Wild Tシャツを、あえて真冬に購入してみるという暴挙に。

オーダーを試みるも、ナイフの時に散々味わった“日本への発送不可”の壁が!
なので同じデザインのTシャツを取り扱っていたZazzleというサイトからオーダーしてみると・・・通ったようです。

このサイト、オリジナルTシャツなどを自由にデザインして販売できたりするんだそうですが、版権とか大丈夫なのか?オフィシャルグッズ扱いなのか?なんてことが頭をよぎりましたが、サイズも豊富(大人サイズ~赤ちゃんサイズまで)、値段もお手頃(日本語サイトは割高)なので細かいことには目をつぶることに。

デザインはMan vs. Wildだけでもたくさんあったのですが(怪しい伝説や大人の職業体験なんかのもあります)、とりあえず3種類ほどオーダーしてみました。

Zazzle Man Vs Wild T-Shirts

年末年始を挟んだせいか、shipped(発送済み)となってから2週間強で到着しました。


Man vs. Wild

まずはベーシックなタイトルロゴバージョン。
(背中にはディスカバリーチャンネルのロゴが)
タイプはリンガーTシャツで、ベースはおなじみanvil社製。


No Problem

続いてはキャッチコピーが気に入ったこちら。
「道なし地図なしガイドなし、問題なし
ベースはHanes社製。


I love Man vs. Wild

最後はお約束のI LOVE MAN VS. WILD
こちらもHanes社製です。

これを着て歩くのはちょっぴり照れがありますが、もし街で見かけたらそれはかなりの確率で管理人となりますので、どうかそっとしておいてやってください。


関連記事:
10000ヒット&新作放送記念-ベア・グリルスちょっといい話-
20000ヒット記念-ベア・グリルスちょっといい話その2-
30000ヒット記念?-グミックスでサバイバル-
ベア・グリルスバースデー記念-ベア・グリルスとゆかいな仲間たち-

ベア・グリルスモデルのナイフを注文してみた・・・ていうか届いた
-ハートに火をつけて-ベア・グリルスの火打ち石を使ってみた

[ 2011/01/05 02:30 ] 雑記 | TB(0) | CM(2)
おお、ちょっと欲しいw
ベアモデルのナイフはいまだに手に入らないし、これ買おうかな。
[ 2011/01/16 03:23 ] [ 編集 ]
Re:
他にも何種類かデザインがありましたよ。
あの象のフンのやつとかw
ベアナイフは入荷待ちのところが多いみたいですね。
[ 2011/01/23 23:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

日本語版DVD発売してよBBS
書き込み内容はディスカバリーチャンネル様にお知らせしています。
詳細はこちらから。
Bear Grylls Twitter
カテゴリ
タグ別名言集
サイト内検索
人気記事ランキング
プロフィール

skyfish

Author:skyfish
ベアグリルス一色なブログ。
思いつきで作ったため、肝心の名言集が一向に進んでいないという本末転倒な状態に。

管理人はサバイバルにはド素人につき、基本的に知ったかぶりと受け売りで書いていますのでご了承ください。
特に海外発の情報は誤訳・勘違いが大いに含まれておりますので、参考程度にしていただければと思います。

ご意見・ご要望があればこちらのメールフォームからお願いします。

また、「ベアがテレビや雑誌で紹介されてた」などの情報を教えていただけると泣いて喜びます。

メールフォーム

QRコード
QRコード
FC2カウンター
このブログではこれまでに
人の訪問者が遭難しています


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。